「令和2年7月豪雨」での被災世帯ニーズ把握支援調査

ダイバーシティ研究所では、「令和2年7月豪雨」で大きな被害を受けた熊本県八代市・人吉市における被災者の生活実態を調査し、今後の被災者支援に役立てることを目的として、9月1日より「被災世帯ニーズ把握支援」調査事業を開始しました。今後、9月から10月にかけて現地での調査を行い、年内をめどに調査結果の分析および報告を行う予定です。
  • 特に被害の大きい熊本県人吉市と八代市坂本町における被災者の生活実態を調査
  • 調査員を熊本県在住者に限定、被災者がオンラインで回答等のコロナ対策を実施

避難所での調査

「令和2年7月豪雨」による被害

2020年7月3日から8日にかけて、梅雨前線の活動が非常に活発となり、西日本や東日本、特に九州では4日から7日は記録的な大雨となりました。熊本県の球磨川では計13箇所で氾濫・決壊し、約1060ヘクタールが浸水しています。特に被害の大きかった人吉市では市街地の広い範囲が浸水し、過去の災害を上回る被害を受けました。また八代市坂本町も甚大な被害を受けており、熊本大学の調査では約5.4mの高さまで浸水していた地区があるとの報告がありました。

ダイバーシティ研究所では両市や諸機関の協力を得て、特に甚大な被害を受けた人吉市と八代市坂本町を対象に、被災状況や生活に関する状況を被災者の方々に伺い、次の生活への移行を支援するための調査事業を実施することとしました
参考資料

令和2年7月豪雨による被害状況等について(9月3日14:00現在) 内閣府
http://www.bousai.go.jp/updates/r2_07ooame/pdf/r20703_ooame_36.pdf

令和2年7月豪雨災害による被害状況等について(第49報) 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001352129.pdf

2020年7月豪雨に伴う熊本県南部における災害調査速報 第2報 熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター
https://cwmd.kumamoto-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/07/report_20200716.pdf

市町村 人 的 被 害 住 家 被 害
死者 行 方
不 明
負 傷 者
重傷
負 傷 者
軽傷
合計 全壊 半壊 一部
破損
床上
浸水
床下
浸水
合計
八代市 4 1 5 164 197 91 452
人吉市 20 20 864 1,379 236 1,532 670 4,681
人吉市・八代市の被害状況 (令和2年7月豪雨による被害状況等について(9月3日14:00現在)内閣府 より)

調査の概要

「令和2年7月豪雨」により特に大きな被害を受けた人吉市・八代市坂本町では、家屋への⼟砂流⼊やライフラインの断絶など、⽇常⽣活に⼤きな制約が⽣じており、現在においても相当数の被災者が避難所等での⽣活を余儀なくされている⼀⽅、被害の実態や全体増が⾒えにくい状況が⽣じています。

そこで、現在の⽣活の状況や今後の⽣活再建に向けたニーズについて、ご⾃宅や避難所等を⼾別に訪問してお話を伺い、特に配慮を要する⽅に今後必要とされる施策について検討を進めていくことを⽬的とした調査を9月から10月にかけて⾏い、年末をめどに調査結果の分析および報告を行うことで、今後の被災者支援に役立てることを目的として実施します。

従来の調査では、被災地の外から調査員を派遣して調査を実施してきましたが、感染防止の視点から調査員は熊本県内在住者に限定し、三密を避けるためにオリエンテーションや当日までのやりとりもオンライン化するなど、活動に工夫を凝らしています。また、被災された世帯の方がスマホやPCから回答いただく「セルフアセスメント(自己評価)」方式も導入し調査員と接触する機会を軽減するなど、新たな取組みを進めています。
主催︓熊本県⼈吉市、熊本県⼋代市
実施︓⼀般財団法⼈ダイバーシティ研究所
協⼒︓KVOAD、熊本県⽴⼤学、熊本県社会福祉協議会、⼋代市社会福祉協議会

※なお、本事業は、Yahoo!基⾦寄付事業として実施いたします。

【参考】実施済み調査の報告書

ダイバーシティ研究所では以下の災害において避難者生活実態調査を実施しています。