メールマガジン 2016.5月号

「ダイバーシティ」「地域のSR」等についての情報を 月刊でお届けしています。

◆◆━━━━━━━━━━━━━http://www.diversityjapan.jp
Diversity = Energy for Community & Organisation
ダイバーシティ研究所◆メールマガジン Vol.117
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [2016.5月号]

熊本・大分地震で被害に遭われましたみなさまに、心からお見舞い
申し上げます。

スピードとボリュームが優先される災害時は、多様なニーズへの対
応が後回しにされがちです。子どもや高齢者、障害のある方など、
避難所で暮らすのが難しい方が、今回もたくさん、車中泊や自宅で
の避難生活を余儀なくされています。

ダイバーシティ研究所では震災直後から、大分と熊本にスタッフを
派遣し、避難生活をされている方々の状況や、今後の見通しについ
て調査を行っています。

とくに被害が大きかった益城町では、避難者が多い7つの避難所で
の環境調査と、在宅避難世帯が多い地区への訪問調査を実施してい
ます。調査は日本財団からの委託事業として実施しており、結果は
同財団のウエブサイトなどで公開しています。

http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2016/59.html

今後も避難生活に一定のメドがつくまで、調査と提言を通じた支援
を継続していく予定です。引き続きお力添えとご関心を寄せて頂き
ますよう、お願い申し上げます。

代表理事  田村太郎

◆トピックス◆━━━━━━━━━━━━━━━【転送歓迎】━

1 「東日本大震災5周年復興フォーラム」に田村が登壇します

2 「日経ビジネスイノベーションフォーラム」に田村が登壇します

3 【参加者募集!】
第4回チャイケモウオークが開催されます

4 SRフォーラム2016 in 東京
―持続可能な社会をつくるためのキーセッション・
G7サミットをこえて― 開催のお知らせ

5 【ソシオ・マネジメント・スクール2016年夏季】
参加者募集中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[お知らせ]――――――――――――――――――――――――
1◆「東日本大震災5周年復興フォーラム」に田村が登壇します
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat16/index.html
―――――――――――――――――――――――――――――
※満員御礼になってしまいましたが、当研究所代表理事の田村太郎
が、「東日本大震災5周年復興フォーラム ~新たなステージ 復
興・創成へ~」に登壇しますのでお知らせいたします。

平成28年6月を「東北復興月間」とし、東日本大震災から5年の節目
を迎えたこの機会に、震災の経験・教訓を広く共有し、同時に復興
の現状を国内外に性格に情報発信することを目的に、東日本大震災
5周年復興フォーラムを開催します。

◇日 時:2016年6月6日(月)13:00-17:00(会場12:30)
◇会 場:イイノホール&カンファレンスセンター
東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4F
https://www.iino.co.jp/hall/access/

◇プログラム:
総合司会:生島ヒロシ氏
岩手県・宮城県・福島県知事鼎談
パネルディスカッション テーマ
「震災からの教訓と復興・創生に向けた今後の課題(仮)」
・パネリスト
今村文彦氏(東北大学災害科学国際研究所長)
木村惠司氏((公社)経済同友会 震災復興委員会委員長、
三菱地所(株)取締役会長)
ダニエル・カール氏(タレント)
田村太郎((一財)ダイバーシティ研究所代表理事)

◇詳細:
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat16/index.html

[お知らせ]――――――――――――――――――――――――
2◆「日経ビジネスイノベーションフォーラム」に田村が登壇します
http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=02152
―――――――――――――――――――――――――――――
※こちらも満員御礼なのですが、田村太郎が登壇しますので、お知
らせいたします。

「多様な社員がもたらすイノベーション
~ダイバーシティ&インクルージョン 多様性の受容と活用~」

近年、“女性の活躍推進”や“男性の育児参加促進”などの高まり
を受けて、各企業が多様な人材を活用する「ダイバーシティ経営」
を推進しており、社員の働き方も多様化しています。一方でダイ
バーシティ推進には、数値目標や社内制度だけでなく、“風土”と
して根付かせることが必要です。本フォーラムでは、多様な社員一
人ひとりが能力を最大限に発揮できる風土づくりと、それがビジネ
スに貢献する要素を考えていきます。

◇日 時:2016年5月30日(月)13:00-18:00
◇場 所:日経ホール、日経カンファレンスルーム
東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル3F、6F
http://www.nikkei-hall.com/access/

◇プログラム
・基調講演
「ダイバーシティの経済効果~通説を覆す」
キャシー・松井氏
(ゴールドマン・サックス証券株式会社副会長)
・プレゼンテーション
「P&Gにとってものダイバーシティ&インクルージョン}
スタニスラブ・べセラ氏
(P&Gジャパン 代表取締役社長)※逐次通訳有
臼田 美樹氏
(P&G ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)
・パネルディスカッション
「日本のダイバーシティのNEXT STAGEを考える」
<パネリスト>
渥美 由喜氏
(ダイバーシティコンサルタント/東レ経営研究所)
高木 琴美氏 (P&G 滋賀工場長)
田村 太郎 (ダイバーシティ研究所 代表理事)
<ファシリテーター>
中野 円佳氏 (女性活用ジャーナリスト/研究者)

◇詳 細:http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=02152

[広報協力]――――――――――――――――――――――――
3◆【参加者募集!】
第4回チャイケモウオークが開催されます

チャイルド・ケモ・ハウス チャリティウォーク 2016 参加者募集!!(事前申込制)


―――――――――――――――――――――――――――――
チャイルド・ケモ・ハウスからのお知らせです。

チャイルド・ケモ・ハウス チャリティウォーク 2016
参加者募集!!(事前申込制)

今年もチャイルド・ケモ・ハウス チャリティーウォーク
(通称:チャイケモウォーク)を開催いたします。

チャイケモウォークはオリジナルチャリティTシャツを着て神戸の
町を楽しく歩くことで小児がんについて、たくさんの方に知って頂
くためのイベントです。

◇日 時:2016年6月18日(土)10:00 スタート
(※受付9:00~9:45)

◇集合場所:KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4
http://kiito.jp/
◇スタート:東遊園地 パフォーマンス広場

◇参加費:大人2,000円、子ども(中学生以下)1,000円
※ご参加いただいた方全員に当日ご着用いただくオリジナルチャ
リティTシャツをお渡しします。新デザインのTシャツは1,000名
限定です。
※140サイズ以下は原則子ども用となります。大人で子ども用サ
イズをご希望の方でも参加費は2,000円となります。お子様で大
人用サイズご希望の方は1,000円となります。
※小学生以下のお子様は保護者同伴でご参加ください。
※参加費はイベント運営費を除き、公益財団法人チャイルド・ケ
モ・サポート基金公益目的事業のハウス建設及び運営事業に充て
させていただきます。

◇申込み:
http://www.kokuchpro.com/event/e4c6f31b430933f3e6d7f0ce19bb8a5a/

◇詳細:http://kemohouse.jp/report/chaikemowaik2016

[広報協力]――――――――――――――――――――――――
4◆SRフォーラム2016 in 東京
―持続可能な社会をつくるためのキーセッション・
G7サミットをこえて― 開催のお知らせ
http://sr-nn.net/archives/4307
―――――――――――――――――――――――――――――
NNネットからのお知らせです。


SRフォーラム2016 in 東京
―持続可能な社会をつくるためのキーセッション・
G7サミットをこえて―

◇日 時:2016年5月31日(火)18:30~21:00(開場 18:15)
◇会 場:千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス(4F)
(千代田区日比谷公園1-4)
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

◇詳 細:http://sr-nn.net/archives/4307
◇定 員:50名
◇参加費:1,500円  / NNネット会員:1,000円
◇主 催:社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク
(NNネット)

[広報協力]――――――――――――――――――――――――
5◆【ソシオ・マネジメント・スクール2016年夏季】
参加者募集中!
http://blog.canpan.info/iihoe/img/ssm_16_summer_leaflet.pdf
―――――――――――――――――――――――――――――
IIHOEからのお知らせです。

世界の「課題先進国」である日本が、「課題解決先駆国」となるた
めに、現象を追いかけるのではなく、その原因を確認し、効果的に
予防するなど「備える」ことができる人材を、体系的かつ効果的に
育成するしくみをつくろう、と始まった「ソシオ・マネジメント・
スクール」。

よりよい社会づくりを担う経営(ソシオ・マネジメント)について、
私どもが実践を通じて学ばせていただいてきたことを集約的にお伝
えするとともに、最前線の現場における実践と、お互いから学び合
い、磨き合う場をご提供します。

2016年夏季は、下記の6つのコースを一気に開講します!

◆2016年夏季コーステーマ
◇自治体における協働の定義・しくみ・進め方の再構築
◇小規模多機能自治の担い手の育成・支援と、その基盤づくり
◇社会の課題解決・理想実現に挑む事業と組織の運営の基礎
◇市民活動支援機関の立て直し
◇企業の社会的責任(CSR)への取り組みの進化
◇助成プログラムの最適化

◇会 場:いずれも日本財団(港区赤坂1-2-2)2F会議室
◇お申込み締切:2016年8月12日(金)。

今回は、2つのコースを紹介させていただきます。
<コース概要>
==============================

<NPM16s>
社会の課題解決・理想実現に挑む事業と組織の運営の基礎(全3回)
【トピック】
・ニーズのアセスメントと発信
・ビジネスモデルの開発と試行
・理事(会)など経営陣の育成
・ベスト・プラクティスから学ぶ(理事会をどう育てるか)

◇日 時:8/21(日)10時~20時、10/2(日)16時半~19時、
11/6(日)16時半~19時
◇対 象:社会の課題解決や理想実現に挑む事業の運営者(NPO・
社会事業家など)
(各組織から2名以上のご参加必須)
◇受講料(税別):1団体(2名)30,000円
※3人目以降は、お1人につき5,000円。 *第1日目の昼・夜の軽
食代を含む。
==============================
<FSC16s>
市民活動支援機関の立て直し(全2回)
【トピック】
・求められる姿勢と技能
・地域・社会の未来からの逆算
・重点支援対象にとって効果的な支援プログラムの整備
・ベスト・プラクティスから学ぶ(地域・団体にどう働きかけるか)

◇日 時:8/22(月)10時~20時, 11/12(土)10時~13時
◇対 象:市民活動支援機関の理事・事務局長・マネジャー
(各組織から2名以上のご参加必須)
◇受講料(税別):1団体(2名)20,000円
※3人目以降は、お1人につき5,000円。 *第1日目の昼・夜の軽
食代を含む。
==============================

※各テーマによって日程・対象・受講料が異なります。
※各テーマごとに、2日間の集中講座と改善策の実践
がセットになっています。

詳細はこちらをご確認ください。
http://blog.canpan.info/iihoe/img/ssm_16_summer_leaflet.pdf

申込みはこちらからお願いします。
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/305

facebookページでも最新情報発信中
https://www.facebook.com/School-of-Socio-Management-1458224404476929/

◇主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
◇共催:日本財団CANPANプロジェクト

◇問い合わせ先:
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] office.iihoe@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】ゴールデンウィークにモスクワ・サンクトペテルブル
クに行ってきました。一番値段が高い時期ですが、避けていると一
生行けないことに気づき、頑張って予算を捻出しました。赤の広場、
クレムリン、エルミタージュ美術館、ロシア正教の教会、バレエと
見どころがたくさんある街です。観光客もとても多く、渋谷並みの
人出でした。しかし、モスクワは想像以上に英語表記が少ない街で
した。地下鉄、お店にはほとんど英語表記がありません。英語表記
がないということは、こんなに困るんだなと改めて感じました。日
本もまだまだ旅行客や滞在外国人が困る場面があるのではないかな
と思います。困る人が少なくなるように改善していきたいですね。
(編集担当・柳澤)
*      *       *       *       *

※当メルマガのご登録・ご解約はこちらのページからお願い致し
ます。

メールマガジン


※当メルマガへのご意見・お問い合わせは、下記連絡先までお寄
せ下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ダイバーシティ研究所 メールマガジン】
発行日:不定期
発 行:一般財団法人ダイバーシティ研究所(DECO)
大阪事務所:大阪市淀川区十三東2-6-7 徳島ビル2F
Tel 06-6390-7800/Fax 06-6390-7850

東京事務所:新宿区西早稲田2-3-18アバコビル5F
Tel 03-6233-9540/Fax 03-6233-9560
URL http://www.diversityjapan.jp
E-mail mail@diversityjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/diversityjapan
Twitter:@diversityjp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆