新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、大規模な自然災害が発生したら私たちはどのように避難すればよいのでしょうか。また自治体や地域は、どのように避難者を支援すればよいのでしょうか。

ダイバーシティ研究所では、新型コロナウイルス感染症が収束しない中で自然災害が発生した場合でも、被災者の命と生活を守るための備えを進めることをテーマに、5月3日に避難や避難生活、被災者支援のあり方について、専門家との「緊急セッション」をオンラインにて実施しました。

4月7日に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令され、感染のまん延を防止するため「三密」(密閉空間、密集場所、密接場面)を避けることや、自宅で過ごすことが求められています。一方、近年の日本では、毎年のように震災や豪雨災害など大規模災害が続いています。災害時に開設される避難所の多くは、感染のまん延防止のために避けなければならない「三密」そのものといえます。現行の避難所に収容する対応では、被災者の命や安全を守ることができません。

「緊急セッション」では「避難」「衛生」「生活支援」をテーマに、新型コロナウイルス感染症下での災害対応のあり方について3名の専門家とともにオンラインでディスカッションを行いました。その様子を動画でみなさんに無料で提供いたします。「Stay Home」が求められるいま、災害時の避難生活を再考する一助として頂ければ幸いです。

視聴ご希望の方は下記フォームからお申し込みください。

進行: 一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事 田村太郎
パネリスト:
兵庫県立大大学院減災復興政策研究科長 室崎益輝 さん
宮崎大学医学部看護学科  教授 原田奈穂子 さん
京都経済短期大学 講師 菅野拓 さん

プログラム

主旨説明(1分40秒)
一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事 田村太郎



セッション1:感染症と大規模災害の複合災害における「避難」のあり方(22分)
兵庫県立大大学院減災復興政策研究科長 室崎益輝 さん


セッション2:新型コロナウイルス感染症まん延防止と避難所での衛生管理(23分)
宮崎大学医学部看護学科  教授 原田奈穂子 さん

セッション3:在宅避難と生活支援(23分)
京都経済短期大学 講師 菅野拓 さん


セッション4:クロストーク COVID-19(新型コロナウイルス感染症)と自然災害の複合災害への対応方法(24分30秒)



ダイジェスト版(9分)

セッション全編の視聴をご希望の方は登録フォームから視聴ページ(YouTube)にお進みください(無料)。

視聴登録フォーム

下記フォームよりお申し込みください。記入いただいたメールアドレスに折り返しメールが届きますので、記載のYouTube URL よりご視聴ください。


※入力いただいた個人情報は当研究所からのお知らせにのみ用い、他の目的では使用しません。
※自動返信メールが届かない場合は office@diversityjapan.jp へお問合せください。

参考資料


令和2年4月1日「避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について」
内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(避難生活担当)
消防庁国民保護・防災部 防災課長
厚生労働省健康局 結核感染症課長

http://www.bousai.go.jp/pdf/korona.pdf

令和2年4月7日「避難所における新型コロナウイルス感染症への更なる対応について」
内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(避難生活担当)
消防庁国民保護・防災部 防災課長
厚生労働省健康局 結核感染症課長

http://www.bousai.go.jp/pdf/hinan_korona.pdf

ホームへ戻る